【佐倉合気会会報】2019年10月 (抄)

---------------
【佐倉合気会会報】2019年10月(抄)
---------------

 稽古の汗が気持のよい季節を迎えました。
 体も心も伸び伸びと稽古を続けましょう。

 2019年12月末までの市民体育館の予約が確定しましたので、稽古日をお知らせします。
 稽古の定例日は、日曜、火曜、土曜で、時間は、日曜が午前9時30分より午後零時30分(午前11時30分以降は希望者に対する剣杖の特別稽古)、火曜が午後7時より9時、土曜が午後3時より5時となっています。
 稽古日、お休み、課題は、次のとおりです。
 佐倉合気会では、まず基礎の技(入身投げ、四方投げ、第一教、呼吸法)とともに、基本技(天地投げ、回転投げ、小手返し投げ、第二教~第五教)を重点的に稽古します。
 さらに、合気道の技をより深く修得するため、週単位で課題を稽古します。

 【2019年10月】
 10月1日(火)肩取り
 10月5日(土)肩取り
 10月6日(日)肩取り正面打ち
 10月8日(火)肩取り正面打ち
 10月12日(土)お休み(秋祭りのため)
 10月13日(日)突き・短刀取り
 10月15日(火)突き・短刀取り
 10月19日(土)突き・短刀取り
 10月20日(日)袖取り
 10月22日(火)袖取り
 10月26日(土)袖取り
 10月27日(日)後ろ両手取り
 10月29日(火)後ろ両手取り

 【2019年11月】
 11月2日(土)後ろ両手取り
 11月3日(日)後ろ両肩取り
 11月5日(火)後ろ両肩取り
 11月9日(土)お休み(佐倉市生涯スポーツ課事業のため)
 11月10日(日)お休み(渡邉道場(空手)使用のため)
 11月12日(火)後ろ片手取り首締め
 11月16日(土)後ろ片手取り首締め
 11月17日(日)後ろ両袖取り・後ろ両肘取り
 11月19日(火)後ろ両袖取り・後ろ両肘取り
 11月23日(土)後ろ両袖取り・後ろ両肘取り
 11月24日(日)呼吸法・天地投げ
 11月26日(火)呼吸法・天地投げ
 11月30日(土)呼吸法・天地投げ

 【2019年12月】
 12月1日(日)第一教
 12月3日(火)第一教
 12月7日(土)第一教
 12月8日(日)第二教
 12月10日(火)第二教
 12月14日(土)第二教
 12月15日(日)第三教
 12月17日(火)第三教
 12月21日(土)第三教
 12月22日(日)第四教
 12月24日(火)(調整中)第四教
 12月28日(土)(調整中)第四教

 ※12月29日(日)から1月3日(金)までの間、佐倉市民体育館は年末年始の休館となります。

○行事等の予定
・11月2日(土)、3日(日)、千葉県総合スポーツセンターにおいて第14回千葉県地域社会合気道指導者研修会が開かれます。講師は本部道場の小林幸光師範、合気道館小倉台道場の岡本昇氏、柏合気会の宮等氏で、参加資格は初段以上です。
 10月15日(火)締切です。可能であればできる限りご参加下さい。

*** 山根政行著「へちまの葉」(p80~81)から ***
   「声よ 光よ」
  声よ光よ 澄み澄み亘れ
  細むとも 撓むとも
  底なき底の声ならば
  先なき先の先までも
  照らす光の声となれ  (春 風)
 世俗のかせから解き放たれた自分か新らたな創造の世界に入って行くことはこの上もなく楽しいことであります。
 新年を迎えて皆様は如何にあるべきか、どのようにありたいか、さまぎまなことを思い浮かべておられることと思います。
 小生も近年、時につけ折に触れ感じることがいくつかありますが、なかでも印象的なことは、人の動作の基本の内には意志と言葉が語り掛ける「声」の部分があることに気付いたことであります。
 部分というよりも全てといっても言過ぎではないかも知れません。
 ことばは「心とからだを結ぶ」といわれておりますが正にその通りのように思います。
 動作が人の意志の現われであるとすれば目にみることのできない幽の世界がことばとなり声となって顕われてきたものと考えられるからであります。
 「行くぞ」「どうぞ」、「来るな」「いやだ」、といった具合に意志が声となり、動作となって現われてくるからであります。
 顕幽、表裏、呼吸といった世界、相対する世界、この中にあって始めて人は座ることも、立つことも、歩くこともできることを知るべきであります。
 光を考え続げたアインシュタイン博士の「単純なものほど美しい」といったことばは合気道にも通じるものがあると思います。
 即ち、底なき底の声を、先なき先に現わす為にも余った部分を切り捨て、濁った部分を浄化して行くといった作業が日々の稽古を通じて行われているからであります。
 今年も良い年でありますように。

【佐倉合気会会報】2019年9月(抄)

------------------
【佐倉合気会会報】2019年9月(抄)
------------------

 夏も終わり秋を迎えます。
 爽やかな気候の下で、爽やかに稽古を続けましょう。

 2019年11月末までの市民体育館の予約が確定しましたので、稽古日をお知らせします。
 稽古の定例日は、日曜、火曜、土曜で、時間は、日曜が午前9時30分より午後零時30分(午前11時30分以降は希望者に対する剣杖の特別稽古)、火曜が午後7時より9時、土曜が午後3時より5時となっています。
 稽古日、お休み、課題は、次のとおりです。
 佐倉合気会では、まず基礎の技(入身投げ、四方投げ、第一教、呼吸法)とともに、基本技(天地投げ、回転投げ、小手返し投げ、第二教~第五教)を重点的に稽古します。
 さらに、合気道の技をより深く修得するため、週単位で課題を稽古します。

 【2019年9月】
 9月1日(日)横面打ち
 9月3日(火)横面打ち
 9月7日(土)お休み(千葉青少年会議所ブロック大会のため)
 9月8日(日)片手取り(交差取りを含む)
 9月10日(火)片手取り(交差取りを含む)
 9月14日(土)片手取り(交差取りを含む)
 9月15日(日)諸手取り
 9月17日(火)諸手取り
 9月21日(土)諸手取り
 9月22日(日)両手取り
 9月24日(火)お休み(休館日のため)
 9月28日(土)両手取り
 9月29日(日)肩取り

 【2019年10月】
 10月1日(火)肩取り
 10月5日(土)肩取り
 10月6日(日)肩取り正面打ち
 10月8日(火)肩取り正面打ち
 10月12日(土)お休み(秋祭りのため)
 10月13日(日)突き・短刀取り
 10月15日(火)突き・短刀取り
 10月19日(土)突き・短刀取り
 10月20日(日)袖取り
 10月22日(火)袖取り
 10月26日(土)袖取り
 10月27日(日)後ろ両手取り
 10月29日(火)後ろ両手取り

 【2019年11月】
 11月2日(土)後ろ両手取り
 11月3日(日)後ろ両肩取り
 11月5日(火)後ろ両肩取り
 11月9日(土)お休み(佐倉市生涯スポーツ課事業のため)
 11月10日(日)お休み(渡邉道場(空手)使用のため)
 11月12日(火)後ろ片手取り首締め
 11月16日(土)後ろ片手取り首締め
 11月17日(日)後ろ両袖取り・後ろ両肘取り
 11月19日(火)後ろ両袖取り・後ろ両肘取り
 11月23日(土)後ろ両袖取り・後ろ両肘取り
 11月24日(日)呼吸法・天地投げ
 11月26日(火)呼吸法・天地投げ
 11月30日(土)呼吸法・天地投げ

○行事等の予定
・11月2日(土)、3日(日)、千葉県総合スポーツセンターにおいて第14回千葉県地域社会合気道指導者研修会が開かれます。講師は本部道場の小林幸光師範、合気道館小倉台道場の岡本昇氏、柏合気会の宮等氏で、参加資格は初段以上です。可能であればできる限りご参加下さい。

○佐倉合気会ホームページのリニューアル
 佐倉合気会のホームページについて、維持管理の省力化を図るとともに、内容の見直しを行い、リニューアルしました。山根政行先生ご指導の動画に見出しをつけるなど見やすさも改善しています。
 稽古にご活用いただくとともに、内容についてご意見などがあればお知らせください。
 また、佐倉合気会が保管する動画ライブラリーの貸出をこの秋から開始する予定ですが、貸出係を募集しています(2~3名)。よろしくお願いいたします。

*** 山根政行著「へちまの葉」(p78~79)から ***
   「理解とことば」
 先月の天声人語に紹介されました、新開五月さんという方の話ですが、手話の活動を通じて二種類の反応を示す人々に気がついたそうであります。
 「ボランティア活動をして偉いわね」と「あまりいい格好ばかりするな」。
 どちらも「障害者になにかをしてあげる」という考え方の現われであると感じたそうであります。
 「そのどちらでもなく、人と人とがわかり合えた時の幸福感、それだけでいっぱいなのです」。とありました。
 人は認められることによって存在感も生まれ、必要とされていることに気付いた時、生きる希望が湧いてくるといったことは日々の生活の中で多くの人々が体験していることだと思います。
 ことばの奥に潜む意味にはそのことばを発する本人の自覚し得ない、浅深、軽重、真偽といった部分も表現されるところにことばの持つ尊さ、不思議さが偲ぼれます。
 ことばには音声によらないものがあると思います。
 普通、ことばといえば意志が声帯を通った空気の振動として理解されますが、例えば充分に補給されて消化が間に合わぬ程の満腹にもかゝわらず食べ続けたり、休養をしたがっているのに休めない等といった、からだの内からの「ささやき」や「さけび声」といったことは真にことばそのものといった感があります。
 それらを認めず、無視し続けることがいかに恐ろしいことであるかは万人の知るところでありましょう。
 合気道にあっても、身体に現わされる技のハタラキは内なるマコトから発せられる即ちコトバのハタラキである様に思います。
 その内なるマコトを更にマコトたらしめるのが即ち日々の稽古であり、したがって稽古は誠の実現の過程であり乍ら同時にその時その時の誠の実現をする目的でもあるといえましょう。
 おろそかに出来ぬ由縁であります。

【佐倉合気会会報】2019年8月(抄)

---------------
【佐倉合気会会報】2019年8月
---------------

 梅雨明けとともに、猛暑となりました。
 暑い時期ですが、稽古を通じて心と体を整えてまいりましょう。

 2019年10月末までの市民体育館の予約が確定しましたので、稽古日をお知らせします。
 稽古の定例日は、日曜、火曜、土曜で、時間は、日曜が午前9時30分より午後零時30分(午前11時30分以降は希望者に対する剣杖の特別稽古)、火曜が午後7時より9時、土曜が午後3時より5時となっています。
 稽古日、お休み、課題は、次のとおりです。
 佐倉合気会では、まず基礎の技(入身投げ、四方投げ、第一教、呼吸法)とともに、基本技(天地投げ、回転投げ、小手返し投げ、第二教~第五教)を重点的に稽古します。
 さらに、合気道の技をより深く修得するため、週単位で課題を稽古します。

 【2019年8月】
 8月3日(土)呼吸投げ
 8月4日(日)杖取り
 8月6日(火)杖取り
 8月10日(土)杖取り
 8月11日(日)太刀取り
 8月13日(火)太刀取り
 8月17日(土)太刀取り
 8月18日(日)二人取り
 8月20日(火)二人取り
 8月24日(土)お休み(佐倉市近隣柔道大会のため)
 8月25日(日)お休み(極真空手渡邊道場利用のため)
 8月27日(火)正面打ち
 8月31日(土)正面打ち

 【2019年9月】
 9月1日(日)横面打ち
 9月3日(火)横面打ち
 9月7日(土)お休み(千葉青少年会議所ブロック大会のため)
 9月8日(日)片手取り(交差取りを含む)
 9月10日(火)片手取り(交差取りを含む)
 9月14日(土)片手取り(交差取りを含む)
 9月15日(日)諸手取り
 9月17日(火)諸手取り
 9月21日(土)諸手取り
 9月22日(日)両手取り
 9月24日(火)お休み(休館日のため)
 9月28日(土)両手取り
 9月29日(日)肩取り

 【2019年10月】
 10月1日(火)肩取り
 10月5日(土)肩取り
 10月6日(日)肩取り正面打ち
 10月8日(火)肩取り正面打ち
 10月12日(土)お休み(秋祭りのため)
 10月13日(日)突き・短刀取り
 10月15日(火)突き・短刀取り
 10月19日(土)突き・短刀取り
 10月20日(日)袖取り
 10月22日(火)袖取り
 10月26日(土)袖取り
 10月27日(日)後ろ両手取り
 10月29日(火)後ろ両手取り

○道主特別講習会のご案内
 9月14日(土)~15日(日)、茨城支部道場において植芝守央合気道道主を講師とする道主特別講習会が開かれます。
 参加費1万5千円、参加資格初段以上です。申込み締切は8月18日。参加を希望される方は、お申し出ください。
 なお、参加される会員には、本会から助成を行います。

*** 山根政行著「へちまの葉」(p76~77)から ***
   「道」
 「道というのは、丁度、体内に血が巡っているように、神の大み心と全く一つになって離れず、大み心を実際に行じていくことをいうのである。
 神の大み心を少しでも離れたら、それは道にはならない。」合気道開祖、植芝盛平翁のことばであります。
 道といえば、画家である林武の著書、「国語の建設」という本の中に興味深いことがありました。
 それは、「みち」は「みうち」(真中)から転じ、道になり路となった。と、示されていたことであります。
 道ということの本義が、真中(みうち)、即ち、真事(まこと)、命(みこと)に連なるという理解のしかたに本来の意味があるというところに我が意を得た思いがいたしました。
 会報第三号で申し上げました、「真中ということは片寄ることなく一切の端を含み持つ。」ということ、又、第十四号にありました、「人はまことの源泉たれ。」といった古人の教えが改めて思い起こされます。
 これらの教えには、言葉や意識の奥には存在し、行じている貴重な世界のあることを示しているように思います。
 日常生活にあっては、自我の意識が行ないの舵取りをするために、いいかげんな言動になり勝ちであります。
 しかし乍ら、行ないのさなかにあること、そのことは、泥中から蓮華が咲き、食がいのちの鎖となるように、種々ある事情々実があってこそ、花も実もある人生と云えはしないでしょうか。
 冒頭の「道とは神の大み心を実際に行じてゆくこと。」と示された言葉には、人の生き方への一つの指針を与えてくれるものがあるように思えてなりません。
 このような考え方に思いを深くさせて載ける合気道と、その同志の存在に対して改めて感謝する次第であります。

【佐倉合気会会報】2019年7月(抄)

---------------
【佐倉合気会会報】2019年7月(抄)
---------------

梅雨の真っ盛りです。稽古をしていても蒸し暑さを感じることが増えています。
稽古においては、水分補給、随時休憩など体調に配慮してください。無理は禁物です。
稽古をしていて疲れたなと思ったときは、少し休んでください。

2019年9月末までの市民体育館の予約が確定しましたので、稽古日をお知らせします。
稽古の定例日は、日曜、火曜、土曜で、時間は、日曜が午前9時30分より午後零時30分(午前11時30分以降は希望者に対する剣杖の特別稽古)、火曜が午後7時より9時、土曜が午後3時より5時となっています。
稽古日、お休み、課題は、次のとおりです。
佐倉合気会では、まず基礎の技(入身投げ、四方投げ、第一教、呼吸法)とともに、基本技(天地投げ、回転投げ、小手返し投げ、第二教~第五教)を重点的に稽古します。さらに、合気道の技をより深く修得するため、週単位で課題を稽古します。

【2019年7月】
7月2日(火)四方投げ
7月6日(土)四方投げ
7月7日(日)小手返し
7月9日(火)小手返し
7月13日(土)小手返し
7月14日(日)回転投げ・十字絡み投げ
7月16日(火)回転投げ・十字絡み投げ
7月20日(土)回転投げ・十字絡み投げ
7月21日(日)お休み(参議院議員通常選挙のため)
7月23日(火)呼吸投げ
7月27日(土)呼吸投げ
7月28日(日)呼吸投げ(午前11時まで) 注1
7月30日(火)呼吸投げ
注1 7月28日(日)は、参議院議員通常選挙の日取りが同21日で確定したため、選挙管理委員会の予約が取り消され、利用できるようになりました。また、同日、午後1時開会の千葉県連研修大会に参加するため、稽古は午前11時までとしています。

【2019年8月】
8月3日(土)呼吸投げ
8月4日(日)杖取り
8月6日(火)杖取り
8月10日(土)杖取り
8月11日(日)太刀取り
8月13日(火)太刀取り 注2
8月17日(土)太刀取り
8月18日(日)二人取り
8月20日(火)二人取り
8月24日(土)お休み(佐倉市近隣柔道大会のため)
8月25日(日)お休み(極真空手渡邊道場利用のため)
8月27日(火)正面打ち
8月31日(土)正面打ち
注2 例年お盆に当たる時期は稽古のお休みとしていましたが、今年は稽古を行います。

【2019年9月】
9月1日(日)横面打ち
9月3日(火)横面打ち
9月7日(土)お休み(千葉青少年会議所ブロック大会のため)
9月8日(日)片手取り(交差取りを含む)
9月10日(火)片手取り(交差取りを含む)
9月14日(土)片手取り(交差取りを含む)
9月15日(日)諸手取り
9月17日(火)諸手取り
9月21日(土)諸手取り
9月22日(日)両手取り
9月24日(火)お休み(休館日のため)
9月28日(土)両手取り
9月29日(日)肩取り

○千葉県合気道連盟前期研修大会のご案内
7月28日(日)午後1時開会、午後4時30分閉会予定で、千葉県総合スポーツセンター武道館第一道場(千葉市稲毛区天台323)において、千葉県合気道連盟の前期研修大会が開催されます。講師は、(1)流山合気道同好会の鈴木誠師範、(2)成田合気道同友会の佐藤忠夫師範のお二人です。
会員はどなたでも参加できます。他の道場の方々と一緒に稽古することは、とても有益です。ぜひご参加ください(参加費無料)。参加される方は、道場に参加記入表がありますので、ご記入ください。

*** 山根政行著「へちまの葉」(p74~75)から ***
「問いかけ」
俳句の細見綾子さんという方が、朝日新聞の「余白を語る」欄に紹介されておりました。
俳句の初心の人に、「ものをひねくっちゃいかん、純真にみたまゝを表現しなさい。」とよく言われるそうであります。
一見つまらなそうな写生にもその人の力量によって深さ、浅さがあります。といっております。
この細見さんが、自ら求めて引っぱり寄せてきたものが、年をとるにしたがって向こうがわたしをみつけてくれるような気がしだしたといゝ、朝起きても、鳥が鳴いても、花が咲いても、新鮮になって。といっております。
これらのことばには生きて行く意味のようなものを教えられる思いがいたします。
自己をはこびて万法を修証するを迷とし、万法すすみて自己を修証するは悟りなり。と示された道元師の世界をまのあたりにする思いであります。
歌手の都はるみさんが、カムバックの後、楽しそうに歌えることについて、「以前は歌に追われ、廻りを気にし乍ら歌わされていたのが、最近は歌が自分を選んでくれて、歌わせてくれている様に思えて楽しく歌えるようになりました。」という意味のことをいっております。
これも細見さん同様に素晴らしい心境であると思います。
ことばは単に人の音声だけではなく実在するものゝ全てが有する愛護の精神の働き掛けのやりとりであるような気がします。
合気道にあっても切られる所、打たれる所を知って初めて切ることも打つことも可能になり、締めるべくして締め、ゆるめるべくしてゆるめて行く呼吸が技の肝要かと思います。
相手の問いかけをいかに素直に、純真に聞くことができるか、いいかえれば稽古とはその為の修練の場でありましょう。
素晴らしい心境も力量なしにはあり得ないことはいう迄もありません。